お葬式のお役にたつ基本知識を解説いたします・・・ > お葬式のいろは

アドバイザーのいる安心なお葬式

アドバイザーへのお礼手紙

お電話をいただいたときからフォロー

オフィスグランマは、お電話頂きましたらアドバイザーがすぐにご遺族の元に駆けつけて、
ご希望をうかがい、お葬式の間は式の統括管理とご遺族へのアドバイスをしながら寄り添い続け、
49日法要の準備、仏壇・仏具に関することなどのアフターフォローまでいたします。

ご家族の希望を伺います

分かりにくいといわれている費用をチェックし、無駄をなくします。
よくある葬儀パックではなく、ご予算やご要望に応じてプランをオーダーメイドできるので大変に喜ばれています。

1000件を超えるお葬式を担当

お葬式は、ご家族の考え、しきたり、宗教、価値観などさまざまなことが集約されているため、マニュアルでは対応できないことが多くあります。寿来(オフィスグランマ)は”おばあちゃんの知恵袋”としてさまざまなケースに対応しています。

仏式、神式、キリスト教式、儒教式、無宗教問いません

在日韓国人の方々のための儒教式お葬式をとり行うことも出来ますので、ご相談下さい。
儒教式お葬式についてはこちら

株式会社 寿来、提携葬儀社ではアドバイザー料金は発生しません

※マイお葬式プランを作成する場合には、プラン作成・アドバイス費用が発生いたします。

養護老人ホームにお住まいの方、生活保護を受けている方

ひとり住まいの方や頼る人のいらっしゃらない方のお葬式のご相談をうけたまわります。
お気軽にお問い合わせ下さい。
葬祭アドバイザー 安藤富久
葬祭アドバイザー 安藤富久
北海道生まれ 大陸的で、人が好きでお節介な性格です。
20代全日空入社、スチュワーデスとして勤務しサービスの基本を学ぶ。
結婚のため退社。家庭を持ち3人の娘を儲ける。
40代家庭を離れ再び世の荒波の中に身を置き人間修養を積んだ。
50代50歳を過ぎてすぐ、知人の縁で葬儀の世界に足を踏み入れることになった。
物心両面でサポートをお約束
お葬式とは、見送る人達にとっては、敬愛の心を持って感謝する場所であり、送られる故人にとっては、この世で生きた証を再認識される機会になります。
例え小さな足跡であっても唯一無二の自分の人生を成し遂げた最終のステージとなり、この世で心を通わせた皆さまたちとお別れする場所がお葬式だと言えます。
私共はこの両者の想いと感謝をお葬式というステージで表現するお手伝いをさせて頂きます。
葬儀社は「様々な宗教者の祈りを側でサポートする事」が大きな役割ですが、
「もう自分では語ることが出来ない故人の尊厳を守ること、一方ではご遺族様たちの心遣いをサポートすること」が私共の重要なお仕事となります。
厳粛な中にも心温まるお葬式のサポートをどうぞ寿来にお任せください。
取得資格
  •  少額短期保険取り扱い者
  •  ヘルパー2級
ボランティア活動について
  • ボランティアネットワーク21神奈川 (理事)
  • 中区社協と協力し、老人の健康増進体操のサロン開催、献血のヘルプ、若い音楽家を育てるためのコンサート開催、バーンゴルフなどを開催し、収益金で車椅子を福祉施設などへ贈る運動をしている。
  • 手作業のグループ「この指止まれ」
  • 友人達が立ち上げた障害者のリハビリを目的としたグループ活動に下支えとして参加。
ページ先頭へ