お葬式のお役にたつ基本知識を解説いたします・・・ > お葬式のいろは

グランマコラム

葬祭アドバイザー・コーディネーターの安藤 富久が、日々の仕事の中で気付いたヘンなこと、面白いことなど綴ります。

釘打ち

仏式のお葬式でお棺に告別の花入れをして蓋を閉めた後、以前は浄土真宗以外は
御棺の蓋に「釘」を打っていました。
遺族、親族、友人達が石を持って順番にトントンと釘を打ち付けていました。
最近は布張りの御棺をうちの会社では標準化するようになったためと、悲しく嫌だと言われる御葬家が多くなったのでほとんどやらなくなりました。

宗教的にしなければならない儀式ではなく、慣習として日本中で広く行われてきた儀式です。呪力によって死霊を封じ込めるという迷信の一種ですから私も必要性はないと判断して普段はご遺族にも案内はしておりません。

でも、本日のご葬儀では桐張りの木製棺だったのと、御親族の中にご年配者が多く従来どおりやった方が良いというご意見があったので実行することにしました。

完全に故人様と決別する音が続き、全員の方々の心が「本当にこれで終わりだ」という諦めムードに変わったのを感じ取り、意味は知らなくてもこれはこれで良かったのかと思いました。

その他のコラム記事

ページ先頭へ